氣場改良.風水結界法,炭素埋設,地場修正のことなら『風水埋炭.com』へ

風水埋炭.com
 

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-35-1

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

風水図面鑑定実施中

お気軽にお問合せください

アプローチについて

アプローチについて

 門から玄関までのアプローチは、ゆったりカーブしているのがベストとされています。

 S字のような形で、ゆるやかに流れるアプローチは財運を招き、幸運をもたらしてくれるとされているのです。

 もちろん玄関の向きや、周囲の状況に問題がない場合ですが。

 

 直線的なアプローチや、家の角が門の方を向いているような形は良くないといわれています。

 直線的なアプローチは、強い気の流れがストレートに入りますので、殺気を招く場合があります。

 アプローチが長めでストレートな場合は、道の突き当りと同じような状況になります。

 また、外側に大きなマンションがあったり、カーブの外側に面していたりすると、かなり強い殺気を受けることがあります。

 

 玄関前に階段があり、玄関が少し高くなっている住宅が多いですが、階段が玄関の正面に一直線にある場合は財運が流れる漏財の形になります。

 玄関前に壁を作って、殺気を防いだり、財の漏れるのを防ぐ形にできればいいのですが、無理な場合は玄関の両脇に観葉植物を置くといいでしょう。

 鉢に水晶玉を入れておくと、良いエネルギー増幅するとされています。

 また、玄関に動水(水がゆっくりと動くもの。水槽・つくばいなど)を置くと、招財の働きがあるといわれています。

 ただし、動水は玄関の方位などによって置かない方が良い場合もあります。

 玄関内の敷物やインテリアなどを工夫して、できるだけ快適な雰囲気を作るのも大事なことです。

 

 最初の写真は道の突き当りですが、玄関を正面から少しずらしてアプローチをゆったりとカーブさせています。

 二番目の写真は、階段がありますが玄関前の庭の部分でアプローチをゆるやかにカーブさせてあります。

 三番目は大きな敷地の家で、やはりアプローチがゆったりカーブした形です。

 四番目の写真は、電柱がありますが玄関正面から少しずれていますので大丈夫です。やはり門から玄関までのアプローチがカーブしています。

 五番目の写真は、玄関からストレートに下り階段があり漏財の形になります。植物が植えてあるのはとてもきれいですが、玄関の両脇にプランターなどで植物を置くといいでしょう。

 (玄関前のアプローチはとても様々ですので、また折に触れ写真をアップしていきます)

 

お問合せフォーム

お問合せは以下のフォームよりお願いいたします。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:東京都荒川区 など市区群まで)

(例:sample@yamadahp.jp)

※新築を建てられる前の更地の状態かすでに建物が建っておりリフォームで氣場改良をされるのかをお知らせください。