氣場改良.風水結界法,炭素埋設,地場修正のことなら『風水埋炭.com』へ

風水埋炭.com
 

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-35-1

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

風水図面鑑定実施中

お気軽にお問合せください

イヤシロチとケガレチ

良い磁場とは、0.5ガウス以上でどこで測っても
磁針がほぼ正しく南北を指す地を言います。
良い磁場は良い気を呼び込み、良い気を生みます。

そして古代から日本人は、良い磁場の地(還元力が強い地)をイヤシロチ(弥盛地)、
悪い磁場の地(酸化力が強い地)をケガレチ(気枯地)と読んできました。
残念ながら、環境破壊、環境汚染が進み、電磁波が乱れ飛ぶ今日では、
ほとんどがケガレチとなってしまっています。

それでは、ほとんどの地がケガレチなのだから仕方ないと、
あきらめるしかないのでしょうか?
違います!
そこで登場するのが、炭なのです。

土地に穴を掘り、大量に炭を埋めることにより、良い磁場の地、
イヤシロチにすることができると言うのです。
この方法は、炭素埋設とも埋炭とも呼ばれますが、第二次世界大戦前後に、
天才物理学者として活躍された楢崎皐月先生により、
その著書「静電三法」(電子物性研究所)の中で提唱されました。

土地の持つ見えないエネルギーの影響とその活用について1万年以上も前、はるか縄文以前旧石器時代の超古代日本人が熟知していたのかも知れないという証拠たる文献を、昭和24年に楢崎皐月という科学者が偶然に入手し、楢崎氏の数年にわたる研究により、解読されていいます。

「カタカムナ文献」と呼ばれるその文献によると、土地には「イヤシロチ」と「ケガレチ」と呼ばれる土地があること。「イヤシロチ」は植物生育の優勢地で人間の健康地でもあり、物質の耐久性を付与する地帯でもあること、また電気的には還元電圧地帯であること、「ケガレチ」は植物生育の劣勢地帯で人間には不健康土地であること、物が腐りやすく、壊れやすい地帯でもあること、などが記されています。

お問合せフォーム

お問合せは以下のフォームよりお願いいたします。

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信内容を確認する」ボタンをクリックしてください。

(例:山田太郎)

(例:東京都荒川区 など市区群まで)

(例:sample@yamadahp.jp)

※新築を建てられる前の更地の状態かすでに建物が建っておりリフォームで氣場改良をされるのかをお知らせください。